量産ライン

電池パックのOEM生産

セナジーでは単セル仕様の小型電池パックから、蓄電やEV用の大型電池パックまで、少量から量産をお受け致します。
御注文は、設計開発から量産まで一括でお受けすることも、既に量産中の製品で品質やコストでお困りなことへの対策としてでも、発注形態に応じた量産対応が可能です。
生産拠点は国内を前提にしておりますが、生産数量によっては海外協力工場での生産も可能です。
分からないこと、困ったことがあれば、まず御相談下さい。
経験豊かなスタッフが必ず解決案を御呈示致します。

量産設備

電池パックの量産には様々な設備が必要です。ここではセナジーが保有する設備の一部を紹介致します。

抵抗溶接機 超音波溶着機 レーザーマーカー

セルとセルやタブを溶接するために使用します。

電池パックのケースを溶着するために使用します。

ラベルやケースにロットNo.等を印字するために用います。

基板試験機@ 基板試験機A 電池パック試験機

保護回路基板やBMUの検査に使用します。

保護回路基板やBMUの検査に使用します。

電池パック完成品の検査に使用します。

熱風炉

ソフトパックに使用するシュリンクチューブの収縮に使用します。